白い歯 歯磨き粉 ランキング

白い歯を作る歯磨き粉のランキングサイトです。

 

真っ白い歯って憧れますね。
歯が白いと見た目が3〜5歳も若く見られるそうで健康的ですね。
この白い歯を作るには、毎朝の歯磨き粉をホワイトニング用の歯磨き粉に
換えるだけで、大抵の場合は適えられるんです。
歯に付着している
・タバコのヤニ
・コーヒーや紅茶、コーラや赤ワインなどの飲料
・カレーや醤油、ソースなどの食べ物や香辛料
など、歯に付着した汚れは ホワイトニング用の歯磨き粉で落とせます。
これを毎日小まめに繰り返すだけで、白い歯を得る事が出来るのです。

 

勿論、歯そのものに問題が有る場合はダメなんです。
遺伝や虫歯などで歯の神経を抜いた・・この為歯が黄ばんだりどす黒く
変色している場合は・・審美歯科などで治療するしか方法がありません。

 

でも、普通はこんな事は無いでしょう。
歯医者さんで痛い思いをしなくても良いのです。

 

ホワイトニング用の歯磨き粉(ホワイトニングジェル)は多く売られています。
又、市販にも歯磨き粉は多くあります。
どんな商品を選んだら良いのでしょうか?
最低限の条件としては

 

・研磨剤を含んでいない
・日本製品である(できれば医薬部外品)
・ポポリン酸配合

 

です。研磨剤というのは歯の表面を削るのです。
歯の表面(エナメル質)を削るので、実は早く歯が白くなります。
しかし、同時に歯を傷だらけにしていしまいます。
こうなると、余計に歯が黄ばんで見えたり、知覚過敏になってしまいます。
市販の歯磨き粉はほぼ100% 研磨剤を含んでいます。
従って、市販の歯磨き粉でゴジゴシ歯を磨くのは逆効果です。

 

又、外国製品の歯磨き粉もNGです。
日本製の歯磨き粉は法律上、過酸化**という漂白剤は含まれてはいけないのです。
しかし、外国製では濃度40%もの過酸化尿素を含んだホワイトニング用の薬品も売られています。
日本人の口腔って、実はかなり軟に出来ていて、荒れたりしやすいのです。
又、歯の形も外国人とは違っているので外国人に有効でも日本人にも効果があるかは不明なんです。

 

又、今はポポリン酸配合の歯磨き粉がお奨めです。
ポポリン酸は、歯科医院のホワイトニングでも使用される、歯の汚れをクリーニングする溶剤です。
又、ポポリン酸はリン酸の一種で、人間の身体を構成するDNAと同じです。
アレルギー反応が無い上に、ホワイトニングの効果が早く出る事で有名になりました。

 

これらを加味して選んだ歯を白くする歯磨き粉のランキングを作成しました。

はははのは
5345

白い歯を作る歯磨き粉の第1位「はははのは」の特徴は?

 

歯の汚れの原因のステインを削って落とすのではなく
ポリリン酸ナトリウム&メタリン酸ナトリウムを使って
歯の汚れであるステインを浮かして落とします。
発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤は使わず
着色料・パラベンを使っていません。
ハッカ油を使っているので、口臭対策にもなります。
まさに オールインワン歯磨き粉です。

 

価格 特典 評価
3500円 初回限定 1980円 10日間の返金保証付き 白い歯,歯磨き粉,ランキング,ホワイトニング

はははのは の総評

 

値段から考えてもコストパーフォーマンスは最高ですね。
・研磨剤不使用
・ポリリン酸による汚れ落とし
・口臭対策も万全
・継続購入の縛りもないので気に入らなければ即辞められるのも安心です。

 

 

 

薬用パールホワイト
3869

白い歯を作る歯磨き粉の第2位「薬用パールホワイトプロ」の特徴は?

 

ポリリン酸、メタリン酸、リンゴ酸といったホワイトニング成分をフルに配合しています
研磨剤を使っていないのに数日で効果が出る・・という驚くべき結果
歯垢や口臭予防、虫歯予防にも効果あり
芸能人も多数愛用
歯茎の健康にも効果が報告されています。

 

価格 特典 評価
8400円 初回限定 3240円 送料無料(1か月分)デンタルケア商品を毎回プレゼント 白い歯,歯磨き粉,ランキング,ホワイトニング

 

薬用パールホワイトプロ の総評

 

ポリリン酸をメインに使っているので、ホワイトニングとしては期待できます。
事実、「使い始めて数日で歯が白くなった」・・という声も多い。
唯、金額が8400円というのが難点

 

 

ちゅらトゥースホワイトニング
9875

白い歯を作る歯磨き粉の第3位「ちゅらトゥースホワイトニング」の特徴は?

 

 ・研磨剤は使用していません。
 ・医薬部外品なので、効能を国が保証しています
 ・ボリアスパラギン酸配合で歯の黄ばみやステインを除去します。
 ・ビタミンCやリンゴ酸を配合で歯についた汚れを浮かして落とします
 ・GTO配合しているので、虫歯になりにくい歯を作ります
 ・満足調査で堂々1位を獲得

 

価格 特典 評価
5980円 初回限定で 3980円 ワンタフトブラシ1本プレゼント 白い歯,歯磨き粉,ランキング,ホワイトニング
ちゅらトゥースホワイトニング の総評

 

虫歯の人が多いと言われる沖縄で開発された歯磨き粉という事で評判は良いようです。
主要成分がリンゴ酸なので、ポリリン酸を主成分とする歯磨き粉より若干落ちるのでは?

 

 

 

ビースマイル
10909

白い歯を作る歯磨き粉の第4位「ビースマイル」の特徴は?

 

・ポリアスパラギン酸とリンゴ酸で歯の黄ばみを落とす
・医薬部外品です
・ビタミンC配合で 歯茎の健康を保ちます
・新成分のGTO配合で口臭予防効果もあります。
・アラントレイン配合で歯周病リスクを低減
・研磨剤、漂白剤、発泡剤など不使用

 

価格 特典 評価
4800円 500名限定で 半額の2400円送料込 サプリメントケースをプレゼント 白い歯,歯磨き粉,ランキング,ホワイトニング
ビースマイル の総評

 

黄ばみ落としの主成分がリンゴ酸なので、歯が白くなる期間が長くなりそう。
医薬部外品なので効能は保証されています。
安い、おまけつき、500人限定・・という触れ込みはどうなのでしょうか?
という事で4位にしました。

一番のお奨めは 「はははのは」です。

 

はははのは は、
実は金額もホワイトニング用の歯磨き粉です。
1か月 定価でも3500円で 定期購入なら1980円
歯科医院に通ったり、他のホワイトニング歯磨き粉より相当お得です。

 

その上、10日間の返金保証付き。
これって通販では意外と重要です。
ネットなので、現物が見れません。例え想像したものと違っても
キャンセルするのって大変です。
でも返金保証があれば、利用しなくても精神的に安心です。

 

勿論、ポリリン酸が主成分なので一押しです。
実はポリリン酸を使った歯磨き粉って意外と少ないのです。
安くて効果抜群なら、選ばない手はありません。

 

 

ホワイトニングのアフターケア

 

歯科医院でホワイトニングしたり、歯磨き粉で歯を白くしてもそのままでは又、
歯は黄ばんでしまいます。
白い歯を維持するには、毎日丁寧にホワイトニング用歯磨き粉で歯磨きをするだけです。
「その日に着いた歯の汚れはその日の内に落とす」
有名なデンタルアーティストの歯科医の先生が良く話しています。

 

一度真っ白い歯を手に入れた人は、再び歯が黄ばんでしまうのを恐れます。
その為、皆さんが毎日丁寧に歯を磨くのです。
これが白い歯を守る王道なのですが、思わぬ副産物もあります。

 

歯が白い人は
・虫歯や歯槽膿漏などの歯周病にはならない
・口臭で悩む人もいない

 

考えてみれば当然で、歯を白くする歯磨き粉には、口臭予防や歯周病予防の成分も含まれています。
こんな歯磨き粉で毎日丁寧に歯磨きをするのですから、虫歯や口臭に悩まされることもありません。

 

歯のホワイトニングとクリーニングの違い

 

一般に歯を白くすることはホワイトニングと呼んでいるのでしょうか?
でも、細かく分ければ
歯のホワイトニングとクリーニングの2つに分かれています。
ではどう違うのでしょうか?
歯を漂白する事を歯のホワイトニング、歯の汚れを落とす事を歯のクリーニングと呼びます。
歯磨き粉でのケアは 歯のクリーニングだけで
審美歯科などでは両方行います。

 

歯のホワイトニングとは?

 

歯に化学的に薬剤を作用させて、歯の内因性の着色物質を分解します。
そして歯の透明度を増して彩度を0に近づける事によって白くする方法です。
内因性の着色因子はテトラサイクリンなどの薬剤や全身性疾患などが原因です。
これは、歯をクリーニングしただけでは落とすことができません。
歯を漂白したりかぶせ物をして対応するしか方法がありません。
一方、ホワイトニングで白くなった歯は、元の状態には戻りません。
しかし、反動があったり縞模様になったり逆に醜くなる恐れもありますので
何回かの治療が必要です。
一方、ケア(日常のクリーニング)が十分でないと、外因性の歯の着色が
目だってしまいます。
この為、1年に1回程のタッチアップホワイトニングが必要です。

 

歯のクリーニングとは?

 

歯のクリーニングとは歯周組織が健康な状態ならば、歯石や歯垢や飲食物などの
外因性のステイン(汚れの層)をPMTCによって物理的に除去する方法です。
歯の表面の着色を取り除けば、歯は本来の輝きを取り戻します。
しかし、歯そのものの色調は変わりません。
大人の永久歯に見られる着色は大部分が外因性で、発生頻度も圧倒的に
内因性より多いのです。
この為、ホワイトニング用歯磨き粉によるクリーニングは歯を白くするのに
有効です。
外因性の着色因子は タバコなどのし好品やお茶やコーヒーや赤ワインなどに含まれる
タンニンや食物成分です。
歯科医院でホワイトニングしても ホワイトニングジェルによるケアが必要です。

 

日本人に合ったホワイトニングはどんなもの?

 

実は歯を白くする・・と言っても国によって違いがあります。
国民性と言いますか??
日本人は「自然の感じで歯が白くなれば良い」
と、思っています。 突然歯が真っ白くなって
「審美歯科でホワイトニングした!!」と判ってしまうのは嫌なのです。
歯科医院では、歯を白くしたことが他の人に解ってしまうとクレームが入るのです。

 

一方アメリカでは真逆です。
歯を白くしたことが他人に解らなければクレームが入るようです。
そこで、ホワイトニング用歯磨き粉を使って少しづつ歯が白くなる方が
審美歯科で一気に歯を真っ白くするより良いのではないでしょうか?

 

一方、日本人の歯って欧米人に比べてエナメル質が薄い傾向があります。
アメリカでは、漂白剤の過酸化尿素が40%もの濃度の薬剤が売られています。
こんなのを、個人が自宅で直接使ったら、間違いなく知覚過敏になってしまいます。
だから、外国から個人輸入した薬品をネット上で転売したり、又は海外旅行のお土産に
配るのって、とっても恐ろしい事なんです。

 

又、日本人の歯って、普通は銀冠やCR充填していたり全部が天然の歯である事って稀ですね。
この場合、歯科医院でホワイトニング(歯の漂白)を行うと・・・どうなるのでしょうか?
当然、今までの歯冠なんかは漂白されないので歪な色になってしまいます。
その為、ホワイトニング治療が終わったら、再び歯冠(金歯や銀歯)なんかをやり直すのです。
それで、アフターケアをしっかりやらないと一年以内にタッチアップホワイトニングが必要になります。

 

何だかとても面倒ですね。
結局、ホワイトニング用の歯磨き粉でケアするのが一番良いと思うのですが。

5345